映像機器

スマホで本格サーモグラフィー FLIR ONE PRO

使いやすいようにスマホをセットにしました

ブログ担当が欲しい欲しいと2年ぐらいお願いしていた「FLIR ONE PRO」が遂に手元にやってきました!嬉しい!

コンセプトはこれまでのサーモとは違った、ちょうどいいサーモグラフィーカメラです。

よく頂いたご意見

  • 動画を撮りたい
  • 簡単
  • そんなに高性能は要らない
  • 安い
  • 撮ったが画像や動画が取り出しやすい

色々探したんですが、普通のサーモで解像度が高いものだとどうしても数十万~数百万するのでレンタル価格も高くなりがちです。安価なものは解像度が低かったり、使い勝手が悪かったりと使えたもんじゃありませんでした。

FLIR ONEシリーズはこれまでも扱ってきましたが、アプリをインストールして使ったり、データを取り出すのって少しハードルが高いなぁと感じてました。

そこで「スマホとFLIRをセットにして、データも取り出しやすいAndroidにしちゃえばいいんじゃないか!ついでにFLIR ONEもPROモデルにしよう!」

という事でご用意しました。海外メーカーの宿命で説明書が分かりにくいので自作しました。更に記事も書きました←イマココ

すぐ使えるようにスマホもアプリもセットです

アプリもインストール済みなので、あとはスマホに本体を装着して電源を入れればすぐにご使用いただけます。

赤丸がmicroUSB端子になりますが、下のダイヤルで長さを微調整出来ます。
スマートフォンにカバーが付いており、少し段差がありますので若干長くして優しくゆっくり接続してください。

仕上がりはこんな感じになります。

FLIR ONE PROの特徴

FLIRシリーズ全般に言える事ですがMSXという聞き慣れない機能が搭載されています。

サーモグラフィーカメラは物体から出ている赤外線を検知して視覚化するものです。様々な会社から発売されていますが、一つの基準として解像度が高い(映像がきれい)ものほどお値段が高く、DVD程度の画質で100万円以上ととても高価です。

ビデオエイペックスで扱ってるものでも例えば

サーモカメラ InfReC
InfRec R500

解像度は640×480とサーモグラフィー界ではスーパーエリートクラスの機種になり、本体価格もレンタル価格も高めです。
※ロゴなし映像出力が出来たり、高解像度の静止画が撮影出来たりと本格的な性能をお求めの方にはおすすめの一品です。

前置きが長くなりましたが、いいサーモを探すとレンタルでも数万円かかるというお話です。

そこで、お値段を安く抑えながらも高画質のサーモ映像が撮れるFLIRのMSXをご紹介です。

簡単に言いますと可視カメラの輪郭と熱画像を別々に撮影して合体させています。

左がサーマルカメラ、いわゆる熱画像のみを記録した映像です。
右の可視カメラの画像の輪郭にサーマル画像を合成したものがMSXとなります。

サーマル映像を見てもらうと全体的にポンヤリしてるのがわかると思います。
これは160×120という低い解像度で撮影されているためです。このままだと温度は分かっても被写体が識別しにくいので可視カメラの情報と合体させる事で、低解像度でありながらはっきりした映像を記録する事が可能です。

FLIR ONE PROで動画撮影

静止画は1440×1080、動画は640×480(3Mbps 8.7Hz)で撮影可能です。
動画は1秒間に8コマ前後なので少しカクカクした映像になります。

https://youtu.be/yXpjq-OPAvA

2種類の温度幅で撮影した動画サンプルです。
途中から温度幅を変えて撮影しています。

ちなみに2つ目の映像の中央辺りの地面が青くなっているのは

止まっているバイクの下に水たまりが出来ているためそこだけ冷たく極端に冷たいからです。

当たり前なんですがサーモってすごいですね。広い映像でも遠い場所でもちゃんと温度が分かります。

アプリの機能

説明書に使い方や取り込み方法などまとめましたが、

アプリはこんな感じです。日本語がわかりにくいところもありますが必要な機能が過不足無く搭載されています。

温度設定もスムーズで

他にもスポット温度機能(任意の場所の温度を表示する)もあります。

メリットとデメリット

メリット

  • 本格的なサーモグラフィーカメラに比べて1/3~1/5程度の価格
  • 静止画も動画も撮影出来る
  • 高い解像度で撮影出来る
  • 操作がシンプルで分かりやすく機能も充実

デメリット

  • 動画はカクカクした映像になる
  • 映像出力(モニターなどに出す)が出来ない
  • 動きの速いものを撮ると熱画像と可視画像がズレやすい

さぁ手軽にサーモグラフィー始めてみませんか?

レンタルは画像をクリック