映像音響周辺機器

Wireless Go II のファクトリーリセット方法について解説【RODE Central】

撮影用マイクとしてかなり優秀なRODE Wireless Go IIですが、とりあえず設定を全部リセットしたい場合、どうしてますか? つい先日、RODE Centralがアップデートされて、仕様が少し変わりましたので、記事にしてみました。

ファクトリーリセット=工場出荷設定です。設定していた内容も、録音していた音声も、リセットを行えばすべてまっさら。初めて電源を入れたときの設定が蘇ります。

RODE Centralをインストールしよう

RODE Wireless Go IIを使う場合は予めパソコンに『RODE Central(外部リンク)』というアプリをインストールしておく必要あります。

記事執筆時のバージョンは2.0.3。頻繁にアップデートされているので、使う前は必ずあアップデートがないか見ておくのが良い

RODE Centralをインストールしたら、アプリを立ち上げましょう。画面はMac OSでの画面です。基本的にWindowsでも一緒の画面だと思います。

録音ができたWireless Go IIを接続すると、このような画面になります。
録音されたデータを呼び出すことができますね。

録音データのみを消す場合

録音データのみを消す場合は、左の端末の絵があるところから、歯車のマークを押します。
画面が切り替わったら、赤いゴミ箱のマークを押すと、録音されたデータのみを消すことが可能です。

ファクトリーリセット(工場出荷時に戻す)方法

では、ファクトリーリセットをする方法です。送信機を接続したら、アプリの画面上から、右上にある歯車のマークを押します。

画面が切り替わります。
Factory Resetの文字の横のボタンを押します。

画面上に「USB繋いでたらできないよ」と、言ってきます。

USBを端末から外すと、画面上に「リセットする端末を繋いでくれ」と出てきます。(ツンデレでしょうか……)

もう一度繋ぐとやっとファクトリーリセットのボタンを押すことができます。あとは画面の指示に従ってボタンを押すだけ。

Done! と出ればファクトリーリセット完了です。USBを抜いても大丈夫です。

以上がRODE Centralを使って、Wireless GO IIをファクトリーリセット(工場出荷状態)にする方法でした。

RODE Centralの詳しい使い方に関してはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

RODE Wireless Go IIの使い方を詳しく解説! 送信機に録音する方法とRODE Centralを使うカメラレンタルのエイペックスレンタルズです。RODEの新しいワイヤレスマイク『RODE Wireless Go II』がいよいよ日本でも...
レンタルを使ってみませんか?

お得な金額でレンタル可能!

カメラ欲しいけれど、買うにしたってそんなすぐには手が出せないですよね。レンタルなら使いたい日だけ借りて返せるので、低コストでお得に運用できます。

豊富な在庫数は業界随一

エイペックスレンタルズはカメラ・交換レンズの在庫数は業界随一(2022年2月現在 カメラ70種 800台、レンズ316種 1,500本)
発売したばかりの新モデルも、人気のレンズもウェブで予約確定後、日本全国に1〜2日でお届け可能です。

・全国発送できます
3,000円以上のご注文で発送時の送料無料! 最低2泊3日からでたっぷり使えます。
しかも、レンタル開始1日前にお届けするので実質3泊4日も使えちゃいます。
返却はコンビニなどから返送できるので簡単!(返送時の送料はお客様負担となります)

・店舗があります!
東京・大阪・名古屋に営業所があるので店頭貸出しも可能! もちろん店頭に返すこともできます。レンズなど一部の商品は当日レンタル料金もあるので、借りたいその日に借りて、閉店までに返してくれたらOK!

購入する前にちょっと使ってみたり、遠出するときにいい写真を残したかったり、いざというときに使いたい、弊社が全力でサポートします! ぜひご利用下さい。

 

この記事もおすすめ