カメラ基礎講座

写真の構図を意識すればもっと映える【撮影テクニック】

カメラレンタルのAPEX RENTALSです!

皆さん、写真を撮るときに意識していることはなんでしょうか。まずは撮る場所を考えますよね。ポートレートであれば被写体の方をメインに場所探しも大変かもしれません。
まあどんな撮影であれ、構図は意識していると思います。

写真は構図が命! おすすめの写真構図についてまとめてみました。

日の丸構図

一番シンプルな構図ですね。中心にメインの被写体をもってくることでインパクト大の写真を撮ることができます。別名初心者構図なんて言われてますが、まずはこの構図から視野を広げていけばOK!

二分割構図

写真の真ん中で2分割にする構図。広大な景色を収めたい場合や上下でインパクトの違う見せ方に有効です。

三分割構図

写真の上下左右を三分割して、それらの点が交わる箇所に注目させたい被写体を配置する方法。置き方によって写真の印象もぐっと変わる。基本でもあり、一番難しいかもしれない。

対角線構図

画面内の対角線を意識しながら撮影する方法。街中にある手すりなどを利用してみると良いかも。

アルファベット構図

アルファベットのSやCの曲線を意識しながら撮影する方法。動きや奥行き、なめらかさが表現できます。

放射線構図

画面の中の一点から放射状に迫ってくるような構図。視線を誘導することができます。

トンネル構図

最後はトンネル構図です。トンネルから奥を望むような構図、トンネルを副題にその中の被写体を主題にするのもあり。

構図を意識するだけで写真はもっと楽しくなります!
普段なんとなくみてる景色も写真に収めたくなってしまうかもしれませんよ。

スマホでも綺麗に写真を撮ることができますので、構図を意識して撮影してみて下さい!

 

ABOUT ME
エイペックスレンタルズ編集部
エイペックスレンタルズ ブログチームです。レンタル機材に関する便利な情報や最新機材をまとめた記事などを書いていきます!
この記事もおすすめ