【レンタル今月の新機材】2019年5月

5月レンタル開始の新商品をご紹介

今月はブログ担当者が1年前からずっと欲しかった配信機材から、話題の最新アクションカム、フィールドモニターから優秀なレンズまで幅広くラインナップ!
とても濃い新機材となっておりますのでぜひチェックしてみてください

Blackmagic Web Presenter(パネル付)

レンタルは画像をクリック

ずっと導入したかった機材がついにやってきました!

こちらの機材 パッと見分かりにくいのですが、HDMIまたはSDI出力が出来るビデオカメラをいわゆるWebカメラにしちゃう夢のような機材です。

メーカーサイト

もちろんキャプチャーボードなどこれまでもありましたが、パソコン側のドライバーやら入力やダウンコンバートの精度やら、普段からパソコンを触るような方でないと敷居が非常に高いものでした。

こちらはドライバー要らず!SDIまたはHDMIで接続すると簡単にパソコン側でWebカメラとして認識し、720pの配信にぴったりの解像度まで調整してくれる優れものです。更にオプションのフロントパネルを装備する事で2入力のスイッチャーとしても運用が可能です。

youtube LIVEやFacebook LIVE、他にもスカイプやFacetimeなどこれまでスマホやPCのインカメラでお世辞にもキレイとは言えない画質で行っていた配信を、手軽に高画質配信出来るようになってしまいます。

思えば数年前からお問い合わせはよくありました。
「ハンディカムはUSB接続でウェブカメラになりますか」と。
「ならないんです」とこれまでお答えしてきました。
そんな時代とはついにおさらばです。

プロ以外にも様々な方がネット配信、生中継を行うようになったこのご時世にぴったりの商品では無いでしょうか。

7インチフィールドモニター 75SB

レンタルは画像をクリック

これまで様々なフィールドモニターを取り扱ってきましたが、シンプルに良いモニターはあまりありませんでした。

今回導入しました75SBは、極端に尖った機能はありません。
しかし過不足無く、便利に、丁寧に作られている点がシンプルに良いと感じています。

メーカーサイト

一眼ムービー全盛期の今、ミラーレスのカメラに装着されたモニターだけでは4Kのピントなんてとても追えません。フィールドモニターが必須になってくるわけですが、求められるのは軽さや豊富な入力系統、外部レコーダーへのパススルー、バッテリーの汎用性、扱いやすいメニュー。

これが全部入ってます。それでいてリーズナブル!

個人的には軽さと、アダプターなしでF970(SONY)とLP-E6N(Canon)の両方に対応しているあたりがほんと素敵だなと思いました。あとは耐久性・・・こればっかりはしばらく運用してみないとなんともですが、作りはとてもしっかりしています!

外部モニターお探しの方にぜひおすすめしたい商品です!

TAMRON 28-75 F2.8 Di III RXD(SONY Eマウント用)

TAMRON 28-75mm F2.8 Di III RXD (Model A036)
レンタルは画像をクリック

Eマウント用のサードパーティレンズを導入です!

これまでタムロン製品は18-400など純正にない尖ったレンズのみを導入してきましたが、今回は標準ズーム。

SONYの標準ズームと言えばGMシリーズがありますが、それでもこちらを入れたのはこの子にしか無い魅力があります!

価格

軽さ

この2点においては圧倒的にこちらのレンズに部があります。
特に軽さに関してはGMレンズ886gに対してこちらのレンズ550gと300g以上の軽さを実現。

SONYのレンズは全体的に大きいのでミラーレスらしい機動性にかけるという側面があります。標準ズームの2.8はみんなが使いたいラインですが、お値段も相まって中々気軽には使えません。

そんな悩みをお持ちの皆様 ぜひこちらのレンズを試してみてください!
購入前の試しにもピッタリですよー!

NIKON NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

ニコン Nikon NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
レンタルは画像をクリック

ニコンZシリーズ用標準ズームF2.8が入荷しました!

従来のFマウント24-70に比べるとスッキリした印象。
重量もミラーレス用らしく改善され、FマウントのVRナシと比べても100g減。

まだまだ少ないラインナップですが、Zユーザーのお客様よりお問い合わせも多く早速入荷しました!お試しに是非ご利用ください。

DJI Osmo Action

レンタルは画像をクリック

話題の最新アクションカム DJI OSMO ACTIONが早速入荷しました!

GoProと比較されがちなこちらのアクションカムですが、特筆すべきはフロントディスプレイ。ここが本機の特徴です!

GoProの弱点とも言われていたセルフィー(自撮り)の際に

「何が写ってるか見えない」
「スマホを見ながら撮影しにくい」

これが解決します!
ドローンやジンバルで培われた手ぶれ補正技術もふんだんに詰め込まれ、完成度の高いアクションカムとして登場しました。
後発なので当然ですがGoProを相当意識して作られています(笑)

ユーザー的には1強よりも複数社が対抗しあってくれたほうが、より良い製品がお求めやすい価格で手に入るのでとても良い傾向だと感じております。

事情がありまして(全然買えない)、現状バッテリー1個でのお貸し出しとなります。本格的な運用には不向きな状態ですが、とにかく買う前に試してみたい!という方は是非レンタルでご利用くださいませ。