ミラーレス

Canon EOS R7・R10を比べてみたら……

2022年6月末に発売されたCanon EOS R7、7月末に発売されたEOS R10が入荷しましたので、レンタルスタッフがちょっと使ってみました。

スペック

EOS R7EOS R10
センサー
イメージセンサーデュアルピクセルCMOSセンサーデュアルピクセルCMOSセンサー
有効画素数最大約3250万画素最大約2420万画素
最大記録画素6960×46406000×4000
フォーカス動作[静止画撮影]
AF動作:ワンショットAF、サ-ボAF
手動ピント合わせ:対応[動画撮影]
AF動作:ワンショットAF、動画サーボAF
手動ピント合わせ:対応
[静止画撮影]
AF動作:ワンショットAF、サ-ボAF
手動ピント合わせ:対応[動画撮影]
AF動作:ワンショットAF、動画サーボAF
手動ピント合わせ:対応
測距エリア[静止画]最大5915ポジション(91×65)
[動画]最大4823ポジション(91×53)
[静止画]最大4503ポジション(79×57)
[動画]最大3713ポジション(79×47)
測距輝度範囲EV-5.0~20 ※F1.2レンズEV-4.0~20 ※F1.2レンズ
ボディー内手ブレ補正搭載(最大8段)なし
露出制御
測光方式撮像素子撮像素子
測光センサー評価測光
部分測光
スポット測光
中央部重点平均測光
評価測光
部分測光
スポット測光
中央部重点平均測光
撮影モード(静止画)フレキシブルAE
プログラムAE
シャッター優先AE
絞り優先AE
マニュアル露出
バルブ撮影
カスタム撮影モード(C1/C2/C3)
フレキシブルAE
プログラムAE
シャッター優先AE
絞り優先AE
マニュアル露出
バルブ撮影、カスタム撮影モード(C1/C2)
撮影モード(動画)シーンインテリジェントオート動画
HDR動画
クリエイティブフィルター
シーンインテリジェントオート動画
HDR動画
クリエイティブフィルター動画
ISO感度常用ISO:100~32000
拡張ISO(相当):51200
常用ISO:100~32000
拡張ISO(相当):51200
露出補正1/3、1/2段ステップ±3段1/3、1/2段ステップ±3段
シャッター速度
シャッター速度メカシャッター/電子先幕設定時
1/8000~30秒
バルブ電子シャッター設定時:
1/16000、1/8000~30秒、バルブ
メカシャッター/電子先幕設定時
:1/4000~30秒
バルブ電子シャッター設定時:
1/16000~30秒、バルブ
フラッシュ同調速度メカシャッター:1/250秒
電子先幕:1/320秒
メカシャッター:1/200秒
電子先幕:1/250秒
ドライブモード1枚撮影
高速連続撮影+
高速連続撮影
低速連続撮影
セルフタイマー:10秒/リモコン
セルフタイマー:2秒/リモコン
セルフタイマー:連続撮影
1枚撮影
高速連続撮影+
高速連続撮影
低速連続撮影
セルフタイマー:10秒/リモコン
セルフタイマー:2秒/リモコン
セルフタイマー:連続撮影
連続撮影可能枚数JPEGラージ:約184枚
HEIFラージ:約184枚
RAW:約46枚
RAW+HEIFラージ:約46枚
※すべてUHS-1対応 32GBカードにて
JPEGラージ:約123枚
HEIFラージ:約90枚
RAW:約21枚
RAW+HEIFラージ:約21枚
※すべてUHS-1対応 32GBカードにて
モニター・ファインダー
モニター形式TFT式カラー液晶モニターTFT式カラー液晶モニター
モニタードット数約162万ドット約104万ドット
視野角上下/左右ともに約170°上下/左右ともに約150°
色調調整暖色/標準/寒色1/寒色2非搭載
可動方式バリアングルバリアングル
ファインダー形式OLEDカラー電子ビューファインダーOLEDカラー電子ビューファインダー
倍率約1.15倍約0.95倍

ざっくりとですが、EOS R7とR10の差がある部分をメインにまとめてみました。
比べてみると性能差はあるものの、ベースの部分はどちらも同じものを使用しているように思えます。

EOS R10はエントリーモデルという位置づけですが、キヤノンがこれまでに展開してきたEOS Kissシリーズや、EOS Mシリーズと比べても、非常に完成度の高いエントリーモデルという感じがします。

EOS R7は、EOS 7D系統の後継機としての位置づけでしょうか。ハイアマチュア向けに作られたハイパフォーマンスモデル。写真と動画も楽しみたいのであれば間違いなくEOS R7を選ぶべきでしょう。

EOS R7のセンサーには塵の混入を防ぐシャッター幕がついています。

カードスロットはEOS R7は2スロット、EOS R10は1スロットです。ただどちらもUHS-2には対応。

バッテリーはEOS R7がLP-E6NH、EOS R10がLP-E17です。

外部インターフェースはEOS R7の方ではイヤホン端子もついているので、動画撮影時のプレビューを確認したいときも便利。USB-C端子はEOS R10のほうはUSB-C 2.0に対して、EOS R7は、USB-C 3.2 Gen2となっています。

EOS R10はフラッシュ内蔵。使いたい場合は手動で上げ下げする必要がある。

実際に使ってみると……

連射性能をみてみたかったので、飛行機を撮りに行ってきました。

初めて来た羽田空港国際線ターミナル。新型コロナウィルスの影響で人がぜんぜんいない。

 

レンズはRF70-200mm F4と、RF-S 18-150mm F3.5-6.3 IS STM。
キヤノンのAPS-Cの場合、フルサイズ換算1.6倍で計算するので、112-320mm相当と、28-240mm相当で撮ることができます。

EOS R7も、R10もJPGの連射は結構な枚数撮ることができました。下のGIFはJPG175枚を繋ぎ合わせた動画です。ちなみに使っているメモリーカードは弊社のレンタルで付属しているSundisk Exream Proの64GB

RAW+JPGで連射すると60枚程度でバッファが詰まって止まってしまいました。R10のほうはもっと早かったかも。

EOS R7もR10も、被写体検出が優秀なので、動く飛行機にもずっとフォーカスを当て続けてくれます。

人物や、動物、乗り物と被写体に対して最適なものを選ぶことができる

EOS R7には自動水平補正してくれる機能もあります。ただこれにすると高速連写はできなくなります。

シャッター音はというと、EOS R7はパシュッ!パシュッ!と金属感のある音がするのに対し、EOS R10はパキンッ!パキンッ!と、やや安っぽい音がするのがちょっと気になるところ。

 

EOS R10につけているRF-S 18-150mm F3.5-6.3 IS STMも、換算240mm相当まで寄ることができるので結構便利。R10はボディサイズも小さいので、ほんとに軽い。

RFマウントなので、フルサイズ向けのレンズはもちろん装着できますし、EFレンズに変換するマウントアダプターがあれば、一眼レフ用のEFレンズも装着可能。今まで使ってた資産を活かしながら、新しいミラーレスの性能を堪能できます。

動画性能について

最後に動画の性能について。今回は動画に関する検証は行っていないのですが、スペックでみるとやはりEOS R7のほうが動画に特化しています。4Kで長時間撮影したい場合はEOS R7を選ぶべきでしょう。

EOS R7EOS R10
動画記録形式MP4MP4
動画記録サイズ4K UHD Fine※1
4K UHD
4K UHDクロップ
タイムラプス動画4K UHD:3840×2160(16:9)
ハイフレームレート
フルHD
タイムラプス動画フルHD
HDR動画
クリエイティブフィルター:1920×1080(16:9)
4K UHD※2
4K UHDクロップ
タイムラプス動画 4K UHD:3840×2160(16:9)
ハイフレームレート フルHD
フルHD
タイムラプス動画 フルHD
HDR動画
クリエイティブフィルター:1920×1080(16:9)
4K UHD7Kオーバーサンプリングから処理 ※16Kオーバーサンプリングから処理 ※2
動画クロップ4K(3840×2160) 60p クロップなし4K(3840×2160) 60p クロップあり
連続撮影時間最大6時間、フルHD30fpsは無制限最大2時間
動画プロファイルタイムコード、HDR PQ、Canon-Logタイムコード、HDR PQ
手ブレ補正電子手ブレ補正対応電子手ブレ補正対応
レンタルを使ってみませんか?

お得な金額でレンタル可能!

カメラ欲しいけれど、買うにしたってそんなすぐには手が出せないですよね。レンタルなら使いたい日だけ借りて返せるので、低コストでお得に運用できます。

豊富な在庫数は業界随一

エイペックスレンタルズはカメラ・交換レンズの在庫数は業界随一(2022年2月現在 カメラ70種 800台、レンズ316種 1,500本)
発売したばかりの新モデルも、人気のレンズもウェブで予約確定後、日本全国に1〜2日でお届け可能です。

・全国発送できます
3,000円以上のご注文で発送時の送料無料! 最低2泊3日からでたっぷり使えます。
しかも、レンタル開始1日前にお届けするので実質3泊4日も使えちゃいます。
返却はコンビニなどから返送できるので簡単!(返送時の送料はお客様負担となります)

・店舗があります!
東京・大阪・名古屋に営業所があるので店頭貸出しも可能! もちろん店頭に返すこともできます。レンズなど一部の商品は当日レンタル料金もあるので、借りたいその日に借りて、閉店までに返してくれたらOK!

購入する前にちょっと使ってみたり、遠出するときにいい写真を残したかったり、いざというときに使いたい、弊社が全力でサポートします! ぜひご利用下さい。

 

この記事もおすすめ