エースプロテカ360はこんなに凄い!レンタルで使ってみてわかった便利機能をご紹介

スーツケースは機能性も大事

トラベル館のネタをあまり書いてなかった事に気づきまして、今回はこちらのスーツケースをピックアップ!

純日本製の素敵なスーツケースを世に送り出しているエース様のプロテカ360シリーズです。
一見するとよくあるスーツケースに見えますが、360という名前は伊達じゃない素晴らしい機能を備えております。

年末帰省の際に私自身がレンタルで使用し、非常に便利でしたのでご紹介します!

まずは基本性能 収納位置に特徴あり

正面からのアングルも普通のスーツケースに見えます。

まずは開封してみましょう!

ガバッと開くとふくらみがある右側と凹んだ左側という構図です。

このスーツケースは基本的に「右側」にまとめて収納する設計になっています。

左側は四つ角がゴムになっており、メッシュ地のストッパーが付いています。
薄手の衣類であったり、ガイドブック等平たい物を収納する事が出来ます。

次に右側 こちらは大きな膨らみになっておりまして

開けると非常にゆとりのある収納スペースが姿を現します。

詰め切るとこんな形になります。こんな構造になっているのには大きな理由があります!

360ならではの素晴らしい機能

これはスーツケース中央部です。普通のスーツケースでしたら縫合されている部分ですが、360はマジックテープで止められています。

ここまではまぁ360度開閉可能なちょっと変わったスーツケースという印象で、私自身もどのタイミングで360度開閉しなければならないのかシチュエーションが想像つきませんでした。

しかし、いざ使ってみて「これは便利過ぎる・・・」と感動した機能をご紹介します。

スーツケースは持ち運びの際はこの状態。中の荷物を出し入れする時は

こうやって開けるのが普通ですよね。スーツケースは移動中には基本的に出し入れしません。

しかしながら荷物が嵩張る旅行 手持ちでは重い物は入れたいですし、急に増えたお土産を収納したくなる事もよくあります。急に寒くなって上着を出したい、暑いので上着をしまいたい等スーツケースの中にアクセスしたくなるシチュエーションは数えきれない程あります。

そんな時に便利なのがこちら!!

正面から上のファスナーだけを開けていきます。

背面の底まで全部開けちゃいます

なんとスーツケースを立てたまま中にアクセスする事が出来ます!
嵩張る荷物を片側にまとめて収納するのは、立てた状態でアクセスする際のスペースを確保するためだったのです。この収納方法であれば外で開封しても衣類等は外から見えません。

立てた状態でアクセスした際に、上部のポケットはより簡単に荷物の出し入れが出来るようになっています。

手持ちで持つには少し重いけれども、必要な時にさっと出し入れしたいものは上ポケットに収納すると便利です。私はここにモバイルバッテリーや飲み物等を入れて移動していました。

空港でついお土産買っちゃいますよね。。。

スーツケースの中にしまいたいけれど、わざわざ開けるのが面倒 そんなあるあるシチュエーションも

立てた状態でガサッと突っ込めます!手荷物を減らせて大変助かりました。

次回の旅は是非プロテカ360をレンタルでお試しください!

レンタルは画像をクリック