About

【レンタル今月の新商品】2019年1月

1月レンタル開始の新商品をご紹介

新年あけましておめでとうございます

少しだけ気分をリニューアルしようとオシャレっぽいバナーに変えてみましたが、担当者の腕が足りず試行錯誤の真っ最中です。今年も毎月新商品ご紹介していきつつ、また特集でブログも上げてまいりますのでお時間ある際に覗いていただけますと幸いです。

さて今月は話題のRoland新型スイッチャーから、大好評SIGMA超望遠ズーム、SONY勢が喜ぶマウントアダプターまで幅広くご紹介!パソコンレンタル館にもついにホームボタンが無くなったiPadや、GTX1060搭載ゲーミングPCなど入荷しております。

2019年もスタートから盛りだくさんでお届けしてまいりますので、本年もビデオエイペックスをどうぞ宜しくお願い致します。

DELL G5 15プラチナ

レンタルは画像をクリック

大好評ハイスペックPCシリーズにGTX1060(6GB)搭載のノートPCを導入しました!これまでパソコンレンタル館で取扱のあった商品ですとGTX1070の超大型ノートPCか、GTX1050のミドルレンジ2択だったため「VRや高スペックが要求されるゲームに使いたいけど大きすぎると困る」「GTX1050だと少し物足りない」といった声もございました。

そんな需要にお応えすべく絶妙に中間の機種を探してきました!

スペック的には第八世代のintel corei7 8750H(6コア)、Oculus Ready認証も取得した丁度いいパソコンになってます。

このパソコンの魅力を更に詳しく知りたい方はこちらの特集も是非ご覧ください

APPLE iPad Pro 12.9 インチ(第3世代)

レンタルは画像をクリック

iPadシリーズ最新モデル ついにホームボタン無しのiPadが登場しました!

従来機と比べ画面サイズは保ちつつも、ホームボタンをなくした全面液晶にした事によりサイズダウンが図られております。従来の丸みのあるデザインから側面などは角ばったデザインになり、これまでとの違いは明確です。

Lightning端子を廃止しUSB-Cポートになっておりますので、従来の変換コネクターを使われたいお客様はご注意ください。イヤホン端子もありません。

apple pencilは第1世代、第2世代ともに使用出来ますが、マグネットで装着、ペアリング、充電が出来るのは第2世代のみとなります。

Apple Pencil(第二世代)

タイプキーボードも同時入荷しております!

Smart Keyboard Folio
Smart Keyboard Folio

Roland マルチフォーマットビデオミキサー V-02HD

V-02HD ビデオスイッチャーレンタル
レンタルは画像をクリック

ローランドからまたまた痒いところに手が届くミキサーが登場しました!

なんと入力端子を2つに絞った超コンパクト仕様。
商品を見る限り、用途・ニーズ・ユーザーから逆算して作られているのがよく分かります。

V-02HD

非常にシンプルな2入力のミキサーですが、従来機との大きな違いとして
HDMI入力がInput1/2共にスケーラー内蔵な事が挙げられます。

※スケーラーとは入力された信号を出力信号に合わせて解像度調整を行う機能です。

V-1HDやVR-4HDなどもっと大型のビデオミキサーにおいてもHDMIは1端子のみスケーラー内蔵というのが主流でした。そのためパソコンが複数台入る場合や、出力解像度が調整出来ないカメラ、コンバーターを介した接続などの場合にやや困る事がありました。そんな困ったところに風穴をあけたのがこの子です

パソコン2台使用したり、WindowsとMac両方でプレゼンをするケース等でも有用です。また大型ミキサーの手前にこれを挟むなど、コンパクトだからこそ幅広い運用方法が見込めます。

ワンマン運用でライブ出しする撮影などにおいても、例えば全景カメラとカメラマンが付くカメラ2台を切り替えながら出力、更にそのまま外部レコーディングなどこれ1台で出来ちゃいます!底面に1/4三脚穴も付いてますので手元で操作も可能です。(専用のフットペダルは現状未入荷です)

個人的にかなり好みな商品ですので書きたいことがもう少しありますが、長くなるのでまた別記事で取り上げようと思います・・・。ミキサー種類別運用シーン一覧とかあれば需要ありますかね(汗)

シグマ 60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM Sports(ニコン用)

レンタルは画像をクリック

キャノンEFマウントでも大好評 60-600mm10倍ズームレンズがNIKONマウントでも登場しました!

純正レンズには無い、標準から超望遠までカバーする驚異のスペック。
ハイエンドな光学性能を備えたSportsラインのレンズとなります。

超望遠ズームでありながら1930gと2kgを下回る重量に仕上がっており、その名の通りスポーツ撮影に力を発揮します。

NIKON用が欲しいと多くの声にお応えして導入しました!

シグマ マウントコンバーターMC-11(EF-Eソニー用)

レンタルは画像をクリック

こちらも
「シグマのレンズをSONYでも使いたい!」
とお客様のお問い合わせから導入しました

シグマ製のEFマウントレンズ(CANON用)をSONYのEFマウントで使用するためのコンバーターとなります。例えば

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary (キヤノン用)
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary

こんなSONYでは今後も出なさそうな超望遠ズームなどでも使えるようになります。

シグマレンズのいいところは純正にはない非常に尖った性能、焦点距離のレンズが多いところかと思います。αシリーズでもそれが使えるのは嬉しいですね。

DJI Osmo Pocket(オズモポケット)

レンタルは画像をクリック

GoProを始め小さいカメラは数多く出る世の中になりましたが、

単体で過不足無く撮影出来てポケットに入るカメラ

これって意外と無かったなぁと、この子の登場で思いました。
目の付け所がすごいですDJIさん。

例えばスマートフォンですと、撮影出来なくはないですがあくまでスマホですのでカメラの性能が極端に高いわけではありません。発熱の問題も顕著に出やすいので4K撮影などで突然アプリが終了するなど課題も多くあります。

GoProならポケットサイズじゃーんと思ったんですが、GoProを単体で握りしめて撮影してる人ってほぼ居ません。例えばジンバルにつけたり、グリップに付けたり何かしらのアイテムがあって成り立つものです。

その点この子は細長いフォルムから男性でしたらポケットにすっぽり入りますし、ジンバルが最初から搭載されていますので映像も安定します。
そしてカメラですから、多少は熱問題あるにしても撮影するために生まれてきたので十分な安定感があります。

色々大切なオプション類が未発売だったり在庫切れだったりしてますが、現状でも十分素晴らしいですし今後の発展も期待出来る。そんなポケットカメラかと思います。