【レンタル今月の新商品】2018年3月

3月レンタルスタートの新商品をご案内

今月レンタルをスタートした新機材をご紹介します!

Panasonic LUMIX DG-G9

レンタルは画像をクリック

パナソニックミラーレスと言えばどちらかというと『動画』という印象が強い中、遂に静止画メインのフラッグシップが登場しました!

基本的な性能は動画・静止画のハイブリッドフラッグシップGH5と同じになりますが、静止画向けならではの機能、改良が加えられています。

主なGH5との違い

・電子シャッターの連写が60コマ/秒
・瞳・顔AF搭載
・手ぶれ補正が6.5段(GH5は5段)
・658g 軽い!(GH5は725g)

他にもセンサーシフトによる8000万画素相当の撮影が可能なハイレゾショットや、タイムラプス撮影に嬉しいUSB給電機能等、静止画用フラッグシップと謳うだけあって写真を撮る人が欲しい機能をきっちり搭載してくれてます。

最近の一眼レフはどちらも使える事を意識して作られる事が多いと感じます。しかしいずれかしか使わない人からとってみると、不要な機能のせいで本体が重くなったり、必要な機能が省かれてしまったりとどっちつかずになる事もありました。

GH5も静止画としての性能は6Kフォトを始め充実していたにも関わらず、あえてフラッグシップに挑戦する意気込みがヒシヒシと感じられる一台となっております!

Canon XF405

レンタルは画像をクリック

ご要望の多かったキャノン製業務用ハンドヘルドタイプが遂に入荷しました!

ボディサイズやシンプルな構成から根強い人気のキャノン製ビデオカメラですが、ビデオエイペックスですとなんと5年ぶりの新商品でした・・・。

非常に広いフォーカス測距エリアと顔認識AFを持ち、また1インチセンサーならではの美しい映像撮影が可能です。5軸手ぶれ補正も搭載しプロの方以外でも比較的使いやすい業務モデルとしてご利用いただけるのではと思っております。

4K60pの撮影が可能ですが、CanonLogには非対応です。全部詰め込んじゃうとコスパが悪いから省いたんですかね・・・。
しかしながら広いダイナミックレンジを持つWideDRガンマには対応しています。

サイズ感的にもインタビューや小さなロケ、ドキュメンタリー撮影等に相性がいいと思います。

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

大人気オリンパスのPROレンズから300mmの望遠単焦点が入荷しました!

600mm(35mm換算)の超望遠でありながら1270gとOM-Dシリーズと組み合わせて非常にコンパクトな運用が可能です。更に6段という驚異的な手ぶれ補正が手持ちでの望遠撮影を可能にしてます。

軽い軽いと言われても他メーカーですとボディやバッテリーを合わすと中々の重量になります。また小型のズームレンズで300mmですと解像感や明るさが犠牲になりがちです。

そこはやはりPROレンズ 素晴らしい描写力と開放F4の明るさは一度使うとまた使いたくなるレンズです。スポーツやコンサート撮影等に是非ご検討くださいませ。

JOBY ゴリラポッド3Kスタンド

レンタルは画像をクリック

お客様からご要望いただき入荷しました!

業界では定番のゴリラポッドです。(なぜ今まで無かったんでしょうか・・・)
1本あるととても便利で通常の三脚が置けないような場所に脚を絡ませて設置する事が出来ます。

関節部分が全てゴムになっているので例えば机の角や支柱等でも固定出来ます。

こちらのモデルは3kg耐荷重となりますが、場所によっては完全固定出来ないので、ズレ落ちそうな場所では軽い機材のみを載せるようにしましょう。

また三脚状態で長々とカメラを載せていると若干ですがズレてくる(使い方が悪いのかもしれませんが・・・)のでタイムラプスには向かないかと思います。

それでも工夫一つで今まで出来なかった事が出来るようになるこの商品。
是非お試しください!

FLIR C3

レンタルは画像をクリック

これまではiOS機器と接続するタイプのサーモカメラをレンタルしておりましたが、単体で撮影可能な小型サーモカメラのレンタルを開始しました!

FLIRのお家芸、MSXと呼ばれる『可視カメラと熱カメラの映像をMIXして高精細な熱情報画像を作り出す技術』をこちらも搭載しております。

一般的に赤外線カメラは熱検出が出来るレンズ部分の解像度はそこまで高くありません。FLIR製品は可視カメラ(いわゆる普通のカメラ)と熱検出が出来るカメラ2つを並べ、合成する事で安価でありながらも見やすい映像を実現しています。

サーモカメラ使ってみたいけど、一日数万円はちょっと・・・という方にご使用頂きやすい価格帯をご提供すべく入荷しております。お悩みの方は是非一度こちらを使われてみては如何でしょうか。

英語仕様 Lenovo ThinkPad E570

レンタルは画像をクリック

英語キーボード仕様のモデルに新モデルが入荷です!

Windows10はそもそも英語OSへの切り替えが出来ますが、海外の方にはどうしてもJISキーボードは配置的に使いにくいようです。

こちらは英語OS 英語キーボードなので安心してご利用頂けます。

更にスペックが中々素敵仕様になってます。
第7世代Core i7搭載/メモリ8GB/外部GPU搭載と必要十分なスペックです。

展示会やセミナー等で海外クライアントがいらっしゃる場合1台あると大変便利な商品です。是非ご検討ください。