安心・安定のSDカード ExtremeProシリーズ レンタル開始しました

全て4K推奨UHS-Ⅰ スピードクラス3対応

0000000104132 sdxc64gbu3 msdhcU3

4Kや高ビットレート撮影対応のカメラが続々登場しております。

そんな新時代の映像記録に対応すべく、UHS-Ⅰ規格としては最高速度を誇るExtremeProシリーズを導入いたします!

4K撮影の一部モードはスピードクラス3(U3)でないと撮影出来ません。

fdr-ax100_01大人気4Kハンディカム FDR-AX100ですが、先日のアップデートで100Mbpsの4K撮影に対応しました。

ax100sdxc2これまではSDXCメモリーカードの撮影であれば、Class10以上の旧規格カードでも撮影可能でしたが、
この100Mbpsモードで撮影する場合上の仕様の通りU3規格で無ければ撮影が出来ません。

アップデートに伴い、標準付属のSDカードもU3対応の物にリニューアルしました!
最新の100Mbpsモードでもご使用頂けますので安心してご利用くださいませ。

オプションでカードを追加される場合は、SDXCメモリーカード(64GB以上)のExtremeProをご選択ください。

U3でなければ撮れない理由

 sdsdx-064g_01

SDカードには最高速度最低保証速度というものが存在します。

最高速度は理論上の最高速度になります。これが早いにこした事はないのですが、あくまで理論値なので
ずっとこの速度が出る訳ではありません。ただ、上限が高ければ高いほど早いスピードが安定して出やすいという指標にはなります。

高ビットレート撮影の時に大切なのは最低保証速度になります。

ビットレート(Mbps)と転送速度では表記の単位が違うので合わせると以下のようになります。

bpsmbsデータの転送速度には波が存在します。
早い時もあれば遅い時もあります。そんな中でどんなに遅くてもこのスピードは出るよ!という最低保障速度を定めたものがスピードクラスというわけです。

100Mbpsの映像を撮影しているのに、低い波が来てしまって80Mbpsの速度しか出なかった場合録画は止まります。それでは問題があるので、U3以上の物を使ってくださいねとメーカーは表記しているわけです。

仮にU1のメモリーカードで100Mbpsモードを選択すると、このカードでは撮れません といったアラートがカメラ側でちゃんと出ますのでご安心ください。

せっかくなのでmicroSDカードも64GBを導入しました。

gopro-hero4-black-edition_01GoProHero4の最高ビットレートは60MbpsなのでU1でも大丈夫なんですが、せっかくなので最高クラスを導入しております。

4K30p(60Mbps)で2時間撮影可能です。付属は32GBですが、長時間回されたいお客様は64GBをオプションで選択してください。

1点注意が必要なのは、あくまでウェアラブルカメラ 発熱問題があります。
長時間高温化で撮影されるとSDカード云々ではなく熱で止まってしまう可能性は十分に考えられます。

バックアップ体制と温度管理には十分気を付けて撮影を行ってください。

レンタル開始しました レンタルはこちらからどうぞ

ExtremePro 64GB
ExtremePro 64GB
ExtremePro 128GB
ExtremePro 128GB
ExtremePro micro 64GB
ExtremePro micro 64GB