ビデオカメラ

DJI 超小型ドローンMavic Mini発表!! 日本仕様は重量わずか199gの特別モデル

DJIが本日超小型のドローン『DJI Mavic Mini』を日本で発表しました。
重量はわずか199gで、手のひらに乗ってしまいます。
最近のスマートフォンがだいたい200gくらいしますので、その重さを考えるとイメージしやすいかもしれません。因みにグローバルモデルは重量249gとなっており、200g以下に抑えられた日本モデルは特別仕様となっています。

重量200g以下はまじでヤバい

どうしてそんなに軽くする必要があるの? と思うかもしれません。

アメリカでは米連邦航空局(FAA)の基準として250g以上のドローンを飛ばす際には登録が必要でした。しかし今回発表されたMavic Miniは重量が250g以下になるので、FAAへ登録する必要がなくなるのです。

そして日本では200gを超えるドローンを飛ばす場合には、国土交通省へ申請手続きをとる必要があります。それが今回のMavic Miniでは許可をとらなくてもよくなると期待されています(人口密集地で飛ばすのはさすがにNGかもしれませんが……)。

Mavic Miniは一般的なスマートフォンとほぼ同じ大きさなので、バッグやポケットに入れて持ち運べる超気軽なドローンと言えそうです。

スペックは?

動画の解像度は2.7kのクアッドHDビデオ(2720×1530 25/30 p)とあります。フルHDよりかは解像度が高い映像を撮れそうです。残念ながら4Kのサポートはしていないようですね。

最大で18分間(グローバル版は30分間)のフライトが可能で、3軸のジンバルが搭載されています。画像を確認すると、カメラの部分はOSMO Pocketのものと一緒かなと思われます。

操作は専用のコントローラーにスマホをくっつけてタッチパネルと合わせて操作可能。ボタンひとつでシネマティックな撮影を自動でやってくれます。

気になる価格は?

価格はベーシックなモデルで46200円。コントローラーや充電器など、必要最低限の付属品が揃ったモデルです。

そしてより安全に飛ばすためのプロペラガードなどが付属されるフルコンボモデルで59400円になります。

Source:DJI