EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 間もなく登場します!

入荷前から多数のお問い合わせ頂いております。

20141111142344_945_

16年の時を経てやっとリニューアルされました。

メーカーの供給も足りなくなるほど大人気商品です。

最も特徴的なリニューアルは?

旧モデルも未だに運動会シーズンは在庫切れになる程使い勝手のいい100-400。

100側から400側への直進ズームが特徴的でしたが、今回のリニューアルで回転式へと刷新されました

2015-08-15-18.07

メリットとしては微調整がしやすくなりました!旧モデルですと微妙なズーム操作が非常にし辛かったんですが、Ⅱになって一般的なズームレンズと同じような使い勝手で操作が出来るようになりました。

旧モデルも100から400といったような、一気に行きたい場面では非常に使い勝手がよく便利なので、
状況に応じて選ぶのがいいと思います。

またこのズームリング、SMOOTH←→TIGHTのリングでトルク(重さ)調整が可能です。

2015-08-15-18.06

手持ちでも使い勝手上々 ISも4段分に進化!

旧モデルは流石に16年前とあって1.5段分の手振れ補正でした。三脚で使うならば変わりないですが、
使い勝手のいいサイズの100-400なので、出来れば三脚不可の環境でも活躍させたいですよね。

ISは旧モデルの1.5段分から4段分にパワーアップ。

2015-08-15-18.062

更にSTABILIZER MODEも3が追加されました。

MODE1→全方向の手振れを補正(上下左右)

MODE2→1方向の手振れを補正(左右又は上下を自動判別 流し撮り用)

MODE3→露光中のみ手振れを補正

MODE3は激しく動く被写体をフレーミングするために搭載されたモードです。
露光中のみ手振れ補正が機能するため、従来のMODE1,2のように半押ししてもファインダーに写る像に変化はありません。シャッターが開いている時のみ動作するのでファインダー上では判断がつきませんがしっかり手振れ補正が効いています。

三脚座が使いやすくなりました!

手持ちも三脚も使うサイズ感なので三脚座の使い勝手は非常にポイントです。

これまでは毎度毎度外す必要がありましたが、Ⅱでは三脚座を三脚に取り付けたままレンズのみ外す機構が搭載されました!

名称未設定-1

更に三脚座を取り付けたまま撮影方向の変更が出来るようになりました。

2015-08-15-18.08

上記写真のようにネジをゆるめるとカメラをホールドした状態で好きな方向に回す事が出来ます。

 入荷前からお問い合わせ多数!少量入荷ですので秋口の押さえはお早めに!

入荷次第更新させて頂きます。

市場でも予約待ちの方多いようですので一気に数は増えないと思います。
ご予約はお早めに!